2021年版、我が家のシステム



20年ぶりにホームシアターシステムを再構築しました。(2021/7/21) 
エプソンの3LCD式4KプロジェクターEH-TW7000とAVアンプにはヤマハRX-V583の組み合わせによるホームシアターシステムで、
センタースピーカーにヤマハのNS-C200を、フロントメインスピーカーにはDENON SC-T55XGを使用。

更にドルビーアトモスに対応させるためにイネーブルドスピーカーとしてソニーのSS-CSEをフロントスピーカー上にセット。 スーパーウーハーはJBL Stage A100P。

↑スクリーンサイズはワイド90インチ。



↑エプソンの3LCD式4KプロジェクターEH-TW7000。


↑フロントメインのDENON SC-T55XG。



↑アトモス用のイネーブルドスピーカー、ソニーのSS-CSE。



↑スーパーウーハーはJBL Stage A100P。



↑サラウンド(リア)スピーカーのONKYO D-105M。


↑センタースピーカーはヤマハのNS-C200。



↑アンプはヤマハRX-V583で、ドルビーアトモスとDTS-Xに対応している。

20年前のシステムであったDVDによるSD画質から、4K UHDブルーレイに、音響はドルビーアトモスとDTS-Xに対応する事により別世界の迫力を堪能できます。
(記:2021/7/21)


オーディオ&ビジュアル関係のトップへ

サイトトップへ